スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Dai(Key)の偏ったCD批評 其の22
2007 / 06 / 13 ( Wed )
この前の土曜日、ネットでFM GIGさんの番組を聞きました。
ムーンライト・ブレイクSaturdayって番組なんですが。
インディーズコレクションのサイトに家の楽曲を登録してあるんですが、
そのランキングが流れるんですよ。
で先週初めて聞いたわけです。

『LIPさんはこの前のレッドホットチリペッパーズのライブに行ったみたいですね』
へっ!?何故知っている!?
『ドームだったから音はサイアクだったみたいですよ』
何故だーーー!!!
もしやブログを読まれているのか?読まれてるなこりゃ!!
やるなFM GIG。

そんなことに驚いた今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
最近ホント仕事がクソ忙しいです。泣きそうです。
ついでに別のバンド用の仕込みもあったりとハァ...
楽譜も書かなきゃいけないし、練習もしないといけないし。
キ○バに行く暇すらない男。どうもdaiです。


最近そんな気分を一新してくれるのが今回紹介するCDです!

Systematic Chaos Systematic Chaos
Dream Theater (2007/06/05)
Roadrunner

この商品の詳細を見る


俺の一番好きなバンドであるDreamTheaterの最新アルバム!
今俺の中で、激しくヘビーローテーション中です。
ぶっちゃけ激しく自己満な感じはあるし、
ラブリエのボーカルが少ない。でもいいものはいい。
なぜならDTを死ぬほど愛しているから。
それ以外の何者でもない。
俺はこのマンネリこそすばらしいと思っていますんで。
レビューなんかを見ると、2ndを超えるアルバムはできないとか、
もうおなか一杯!とかいいますが、
今回のこれはあくまで話の途中であり、次作で完結するわけです。
まったくその辺を理解したうえで聞くべき作品だ。
Six Degrees of Inner Turbulenceの曲からのモチーフ。
そういう部分を考えなくてはならない。
なぜなら話はつながっているからだ!!!!
サウンドはヘビーな感じになり、
ますます勝手になるペトルーシのギター&ルーデスのキーボード。
いいじゃないか!
で相変らずの変拍子の嵐。だからいい!
確かに模索中な感じを受けるがそれはそれでいいじゃないかと思う。
かのマイルス・デイビスだって、模索し、ビッチズブリューのアルバムなんか今聴いてもまったくわからん!!メチャクチャだし、ジャズとは思えない。エレクトリックに走りメチャクチャになったが、晩年は原点回帰した。
そう、その過程を味わえるのではないか?そんな気がします。

まあ欲を言えば、ラブリエにもう少しスポットが当たってもいいのかな?
なんて思います。でもいいアルバムです。
特に楽器演奏者はマジ燃えれると思います!!

と長々とDreamTheaterのアルバムについて語ってしまいました。
タブンね、日本ツアーしたらマジ全部行ってやる!!
とは思うがカネがねーからな...

dai
スポンサーサイト
00 : 09 : 57 | CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ディズニーシー | ホーム | いいねいいね>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lipnet.blog76.fc2.com/tb.php/108-39ab81ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。