スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Dai(Key)の偏ったCD批評 其の26
2007 / 11 / 07 ( Wed )
月末のライブの耳コピに奮闘中。
死にそう。マジつらい。
ついでにまたガソリン値上げでサイアク。
また値上がるって言うし...
ついでに来月はX'masだっていうのに、今年もシングルベルか...
俺の心は常にブリザード。
こんにちはdaiです。いかがお過ごしでしょうか?
俺はnot元気ですww


さて今日はネタが無いのでCD紹介で。
俺が専門学校時代に多分一番聞いたであろうCDです。

FULL COLORS FULL COLORS
CASIOPEA (2006/07/26)
ジェネオン エンタテインメント
この商品の詳細を見る


日本Fusion界の超大物、CASIOPEA。
18枚目のフルアルバム。

当時俺はT-SQUAREが最強のバンドやと思ってた。
エレクトーンをやっていた関係でT-SQUAREはホンマよく弾いた。
そこでついでで出会ったのがCASIOPEA。
CASIOPEAはホンマ難しいんだわ。でついでに言えばギターの音が上手く出なくてさ。
でも知ってから急激に好きになった。
ライブも当時金がなくても行ってたし。
T-SQUAREってどっちかというとお行儀がいいんです。
でもCASIOPEAって凄く泥臭い。コレがいいんです。
まあ俺がCASIOPEAを知った理由なんてどうでもいいかww

正直な所、CASIOPEAはこの前のメンバーがマジ凄かった。
ベースの櫻井さんとドラムの神保さんがいて、リーダーであるギターの野呂さん。そしてシカイヤミノルでお馴染みのキーボードの向谷さん。
ホンマ最強の名を欲しいがままにしていた。
そのCASIOPEA。櫻井さんと神保さんが脱退し、新しく入ったのがナルチョこと鳴瀬喜博。そして日山正明。そのメンバーになってからの2枚目のアルバム。それが今回のアルバム。

ナルチョと日山のプレイが徐々にだが噛み合い出した感じを受ける。
そしてナルチョのスラップが炸裂しているのがいい。
1曲目の『FIGHT MAN』では野呂さんもギターでスラップしている。ナルチョの暴れっぷりがたまらん。そして『The SKY』のようにキャッチー且つテクニカルな曲。素晴らしいのひとこと。
実は俺はやっぱ初代CASIOPEAがスキなんで、確かに前作のTHE PARTYの時に違和感をあったのは否めない。でもソコは天才達の集まり。さすがまとめてきたと思う。
俺にとっては青春時代に聞いていた懐かしい思い出イッパイなアルバムです。


ちなみにCASIOPEAは今活動休止中。
野呂さんの一声で決まったらしいけど。
いつかまた野呂さん、向谷さん、鳴瀬さん、神保さんのCASIOPEAが見れたらいいな!と思う。そんなことあったらまあ間違いなくチケットを取るけどね。


dai
スポンサーサイト
10 : 52 : 17 | CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<54it | ホーム | まだダウナー>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lipnet.blog76.fc2.com/tb.php/166-316024b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。