スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Dai(Key)の偏ったCD批評 其の13
2007 / 02 / 23 ( Fri )
どうもdaiです。
えっ?今回は気の利いた挨拶はないのかって?
あーないね。それでもいいじゃねーかよ!!
と自分でキレてみました。
いや、きれてないですよー

くだらない話はおいておいて今回も林檎で。

唄ひ手冥利~其の壱~ 唄ひ手冥利~其の壱~
椎名林檎、草野マサムネ 他 (2002/05/27)
東芝EMI
この商品の詳細を見る


椎名林檎のルーツ?とも思われ曲を、
林檎女史が歌い上げた1枚。いや2枚か。
この前までのアルバムを知っている人間ならば、
想定外の林檎女史を見れる気がします。
林檎女史が影響を受けたと思われる楽曲、アーティストの曲であり、
それを林檎女史が歌うといった形ですね。
なによりもこの2枚組。
1枚目は亀田誠治さんプロデュースの亀pact Disk。
2枚目は森俊之さんプロデュースの森pact Disk。
この対比を聞き比べるのも面白い。
林檎女史を知り尽くした亀田さん。それと対極の森さん。
二人の違いを見るのも面白いと思います。

またゲストも草野マサムネ(スピッツ)、宇多田ヒカル、椎名純平など、
参加者も豪華!
また林檎女史の曲の解釈の仕方も面白い。
おひまな方はお買い上げになってみては!?!?
スポンサーサイト
14 : 37 : 57 | CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<Dai(Key)の偏ったCD批評 其の14 | ホーム | Dai(Key)の偏ったCD批評 其の12>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lipnet.blog76.fc2.com/tb.php/31-d4dddae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。