スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Dai(Key)の偏ったCD批評 其の16
2007 / 03 / 09 ( Fri )
昨日、悲しいことにタイヤがパンクしました。
ってか刺されたんだけど...
タイヤ買って2週間足らずてやられたのがサイアク...
どうもこんにちわ。daiです。
今週火曜日はスルーしちゃいました。スイマセン。
今回からは林檎から元に戻します。でコレ!!


スタンダーズ・アンド・モア スタンダーズ・アンド・モア
チック・コリア・アコースティック・バンド (2003/04/23)
ユニバーサルクラシック
この商品の詳細を見る



チック・コリアのアコースティックバンドのアルバムです。
コリアのアルバムの中では比較的聞きやすい部類ですかな。
当時コリアはエレクトリックバンドもやってました。
そのバックバンドであるパティトゥッチとウェックルがリズム隊を形成。
まあとにかく手数、そしてテクニカルに攻めあげている1枚。
名曲スペインももちろん入っていますが、
それとは別にオータムリーフ(枯葉)やソー・イン・ラブといったスタンダードナンバーのアレンジに目が行く。
もちろんコリア節は炸裂してますね。
枯葉なんて最初のワンコーラスしかわかんないし。
でもそれでこそコリアのいいところだと思います。
後は全曲に渡り、パティトゥッチとウェックルの完成されたリズムは聞いてほしいですね。
まあ手数は恐ろしいです。でもあれをできるのはこの2人でしょうし。
ジャズをかじりかけの人にはあまりオススメできないけど、
テクニカルなのが聞きたい方にはゼヒオススメします♪



ついでに明日はLIPのライブですよ!
そちらもみんなよろしくたのんます。
スポンサーサイト
10 : 15 : 56 | CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アウトブレイク | ホーム | 3/10(土)LIVEin四谷OUTBREAK >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lipnet.blog76.fc2.com/tb.php/35-1ac1fd72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。