スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Dai(Key)の偏ったCD批評 其の19
2007 / 04 / 06 ( Fri )
久しぶりに帰ってきたこのコーナー。
まあレスはないんだが結構読まれているみたいで。
うれしい限りですわ。
とりあえず久々にやってみます。
今回のご紹介するCDはLIPのライブでもよく使ってるやつです。

ホルスト:惑星 ホルスト:惑星
ウィーン国立歌劇場合唱団 (1999/08/27)
キングレコード
この商品の詳細を見る



このCDはLIPのライブ前によく使ってます。
ホルストの組曲『惑星』です。
平原綾香のジュピターはちなみにこの『惑星』の中の木星が元です。
LIPのOpening SEで使っているのは木星と火星ですね。
木星は惑星の中でも一番の人気がある曲で、
まあよく使われてます。
その他、火星、天王星あたりは楽曲的に見所が多い。
火星は5/4拍子で続き、天王星はスケルツォ風な楽曲でなかなかおもろい。
後これは俺の好きな指揮者の一人、ヘルベルト・フォン・カラヤンがタクトを振っています。

クラシックの最大の面白みはコンダクターの違いがモロにでるところ。
たとえばこれをアバドムーティーが振れば全然違うわけです。
小澤征爾がやれば熱き惑星になるわけです。
そのコンダクター各々が持っている曲のイメージが違うからなんですけどね。
だからベートベンの第九をカラヤンがやった場合とムーティーがやった場合で演奏時間が大きく変わってくるわけです。


おっとダイブ話がそれましたが...
まあそんなこんなでSEはこんなのを使ってます。
他にも幾つかあるのでそれはまた次の機会に...
11 : 02 : 01 | CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Dai(Key)の偏ったCD批評 其の18
2007 / 03 / 16 ( Fri )
最近ブログが俺だけじゃないのがちょっとうれしいです。
そしてここのところ、EW&Fとかクール&ギャングスとか聞いて
ソウルとかもいいなぁなんて思う今日この頃です。
皆様いかがお過ごしでしょうか?daiです。
前フリだとソウル系と思わせてますが、バリバリFusionです。
どーもすいません。

Strokin' Strokin'
Richard Tee (2000/05/30)
Msi
この商品の詳細を見る


今は亡きリチャード・ティーの1979年に発売された初リーダー作。
一応リチャード・ティーの紹介を...
と思ったがめんどくさいのでWikipedia見てください。

このアルバムの最大の見せ場は最後のTake the "A" Trainだす!!
デューク・エリントンの名曲をティーと盟友スティーブ・ガッドの二人で演奏しています。すごいグルーヴ感です。半端ない!!コレを聞くとマジやられます。
その他ティーのよさが溢れるtrk3のStrokingや深町純とのライブで行っていたtrk5のVirginia Sundayなどもオススメですな。とにかく聞いてティーのすばらしさを実感してほしい。
そしてあのやさしいフェンダーローズの音を体感してほしいですな!!
またゲストミュージシャンもスタッフの盟友のスティーブ・ガッド、エリック・ゲイルをはじめ、トム・スコット、ラルフ・マクドナルド、マイケル・ブレッカーなどそうそうたる面々です!

気になった人はというか買って損は無いです!
そんな素敵なアルバムどすぇ~
11 : 12 : 09 | CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Dai(Key)の偏ったCD批評 其の17
2007 / 03 / 13 ( Tue )
土曜に四谷に観に来ていただいた皆様。
どうもありがとうございます!
次回は稲毛で待ってます♪
まあ私のほうは3月に某バンドのトラで大阪に行くことになりまして、
仕込み、練習でてんやわんやでございます。
睡眠時間が少ないdaiです。こんにちわ。
皆様お元気でしょうか??
ということでいつものやつです。
今回は日本の人気アイドルグループのCDだ!!

SMAPPIES~Rhythmsticks SMAPPIES~Rhythmsticks
インストゥルメンタル (1996/04/24)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る


SMAPPIESII SMAPPIESII
オムニバス (1999/06/23)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る


いきなり2枚です。
えーとですね。このCD発売当時のSMAPのプロデューサーがNYのスタジオミュージシャンを使いまくっていたわけです。なのでこのころのアルバム、シングルのバックバンドはみんな化け物レベルのNYのミュージシャンなんですよ!!
ブレッカーブラザーズ、ハイラム・ブロック、ウィル・リー、フィリップ・セス、ヴィニー・カリウタ、スティーブ・ガッド、矢野顕子、マンハッタン・トランスファー等など一流ミュージシャンの集まりですから。
楽曲はSMAPですが、アルバムのナンバーとかがあって、
ぜんぜんわからない曲ばかりです。
でもね。そんなの関係ないですね。ホンマすばらしい演奏です。
すき放題勝手にやってるのがいいですね!
ただ今後このシリーズはでないので(プロデューサーが変わってしまったので)...

デートの時の車での1枚にぴったりです♪

えっ?俺が使えって?使う相手なんていねーよ落ち込み
16 : 50 : 24 | CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Dai(Key)の偏ったCD批評 其の16
2007 / 03 / 09 ( Fri )
昨日、悲しいことにタイヤがパンクしました。
ってか刺されたんだけど...
タイヤ買って2週間足らずてやられたのがサイアク...
どうもこんにちわ。daiです。
今週火曜日はスルーしちゃいました。スイマセン。
今回からは林檎から元に戻します。でコレ!!


スタンダーズ・アンド・モア スタンダーズ・アンド・モア
チック・コリア・アコースティック・バンド (2003/04/23)
ユニバーサルクラシック
この商品の詳細を見る



チック・コリアのアコースティックバンドのアルバムです。
コリアのアルバムの中では比較的聞きやすい部類ですかな。
当時コリアはエレクトリックバンドもやってました。
そのバックバンドであるパティトゥッチとウェックルがリズム隊を形成。
まあとにかく手数、そしてテクニカルに攻めあげている1枚。
名曲スペインももちろん入っていますが、
それとは別にオータムリーフ(枯葉)やソー・イン・ラブといったスタンダードナンバーのアレンジに目が行く。
もちろんコリア節は炸裂してますね。
枯葉なんて最初のワンコーラスしかわかんないし。
でもそれでこそコリアのいいところだと思います。
後は全曲に渡り、パティトゥッチとウェックルの完成されたリズムは聞いてほしいですね。
まあ手数は恐ろしいです。でもあれをできるのはこの2人でしょうし。
ジャズをかじりかけの人にはあまりオススメできないけど、
テクニカルなのが聞きたい方にはゼヒオススメします♪



ついでに明日はLIPのライブですよ!
そちらもみんなよろしくたのんます。
10 : 15 : 56 | CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Dai(Key)の偏ったCD批評 其の15
2007 / 03 / 02 ( Fri )
そうさーいまこそ、
アドベンちゃ~~~

たむけんの自虐ギャグがメチャツボです。
daiです。お元気でしょうか??
とりあえず、林檎名義のCDはこれでラストです。
事変はまた今度ってことで。いい加減別のも書きたいから。

平成風俗(初回限定盤) 平成風俗(初回限定盤)
椎名林檎×斎藤ネコ (2007/02/21)
東芝EMI

この商品の詳細を見る



つい最近出たばかり椎名林檎名義では最新作。
まあ新曲は数えるほどしかないのが悲しいですが、
しかしながらそれを上回る過去の楽曲のセルフカバー。
これが凄い。
単純に今回は亀田さんを使ってないわけで。
その代わりに斉藤ネコさんがアレンジしたわけですな。
ここまで変わるか!と思わせます。
巷ではJazz色が強いと言われてますが、
Jazzということはないし、タンゴやルンバといったラテン系もあるし、
オケを意識したアレンジあり、ミクスチャーありで、
結局のところごちゃまぜなんだけど、統一していえるのは、
落ち着いた大人なアレンジ。
林檎女史のやりたいこと。それは今はこういった形なのかもしれない。
事変を聞いててもボサなど少し落ち着き気味のが多いので。
まあただこのアルバム自体若干の映画のサントラってイメージも。
しょうがないっちゃしょうがないけどね。

好きな曲だけちょっと抜粋して紹介
trk1のギャンブルはマジヤバイレベルですね。
聞いていきなり鳥肌です。絶頂集に入ってるのも好きだが、
このオケ、ストリングスの厚さがたまらんです。

trk3の錯乱(Terra Ver.)は疾走感のあるナンバー
映画でも使われてるけどこの曲のせいかJazzというイメージが。
Jazzっぽい感じっていってもベースがウォーキングだからじゃねぇ??
むしろ昭和歌謡の匂いがしつつも新しい音が聞こえると俺は思う。
このギャップみたいなのがいいです。

trk6の浴室はファンならば面白さ抜群の代物。
これは好きな人は一度は聞くべきですな。
聞く前にネタバレしてると面白くないしね。

trk7の迷彩はおそろしくテンポアップしてますな。
イントロのストリングスの合奏もイイ。
疾走感だとこれのほうが上かもしれんわ。

trk9のカリソメ乙女(Tameikesannoh Ver.)はタンゴ。
もとはSOILとやってたけど、こっちのほうがいいかも?
凄くよくまとまってるし。オススメ!!

みたいな感じですかね。
やっとこれで林檎女史のアルバムは紹介しきった。
次回からはまたマニアックに攻めます。乞うご期待!
10 : 17 : 18 | CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Dai(Key)の偏ったCD批評 其の14
2007 / 02 / 27 ( Tue )
最近PS3が少しだけほしいです。
ガンダム無双がやりたいんです。だれかかって!!
どうもdaiです。お元気でしょうか。
またかよ?って思った?
いいんです。徹底的にいきますから!!

絶頂集 絶頂集
椎名林檎 (2000/09/13)
東芝EMI

この商品の詳細を見る


ということでまたまた椎名林檎。
3枚組みの特別仕様盤の絶頂集です。
ライブ音源の生々しさがたまりません。
虐待グリコゲン/天才プレパラート/発育ステータスと一枚ごとに名前がついてます。
虐待グリコゲンは下克上エクスタシーのライブ音源。
天才プレパラートは学舎エクスタシーのライブ音源&再録したもの。
発育ステータスはバンド発育ステータスのライブ音源。
見てわかるとおりライブ音源が非常に多い。
曲もなかなか通好み。
いい感じです。
スタジオ盤にはない生々しい林檎女史の演奏が拝めます。
椎名林檎のライブ盤ってあまりないので、
結構貴重な一枚です。
音質は悪いけど、それがさらにライブ感があり、
生々しさが増幅されてます。
ただ、消化不良感はあるかもしれないけど。
個人的にはかなり満足な1枚です。
18 : 36 : 06 | CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Dai(Key)の偏ったCD批評 其の13
2007 / 02 / 23 ( Fri )
どうもdaiです。
えっ?今回は気の利いた挨拶はないのかって?
あーないね。それでもいいじゃねーかよ!!
と自分でキレてみました。
いや、きれてないですよー

くだらない話はおいておいて今回も林檎で。

唄ひ手冥利~其の壱~ 唄ひ手冥利~其の壱~
椎名林檎、草野マサムネ 他 (2002/05/27)
東芝EMI
この商品の詳細を見る


椎名林檎のルーツ?とも思われ曲を、
林檎女史が歌い上げた1枚。いや2枚か。
この前までのアルバムを知っている人間ならば、
想定外の林檎女史を見れる気がします。
林檎女史が影響を受けたと思われる楽曲、アーティストの曲であり、
それを林檎女史が歌うといった形ですね。
なによりもこの2枚組。
1枚目は亀田誠治さんプロデュースの亀pact Disk。
2枚目は森俊之さんプロデュースの森pact Disk。
この対比を聞き比べるのも面白い。
林檎女史を知り尽くした亀田さん。それと対極の森さん。
二人の違いを見るのも面白いと思います。

またゲストも草野マサムネ(スピッツ)、宇多田ヒカル、椎名純平など、
参加者も豪華!
また林檎女史の曲の解釈の仕方も面白い。
おひまな方はお買い上げになってみては!?!?
14 : 37 : 57 | CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Dai(Key)の偏ったCD批評 其の12
2007 / 02 / 20 ( Tue )
もうすぐ2月も終盤戦ですな。
みなさん元気でしょうか?
どうもdaiです。
さて、連荘で紹介してきた林檎女史。
今日もいっちゃうよ~

加爾基 精液 栗ノ花 (CCCD) 加爾基 精液 栗ノ花 (CCCD)
椎名林檎 (2003/02/23)
東芝EMI

この商品の詳細を見る


林檎女史の出産後の復帰作。
俺が思うに、全部を聞かないと理解できないと思う。
宗教が流れた時点で、初めて聞いたときは正直????だったよ。
最後まで聞いてもやっぱ????だった。
迷彩や茎といった楽曲はシングルで出てたのもあったから、
好きは好きだったけど。
何度かアルバムを聞いていくうちにこのよさがわかった。
そう。噛めば噛むほどって感じなんです。
当時の日本のJ-Popアーティストでこんなことをやっていた人はいないし、
やはりそういう意味でも林檎女史が凄いと思えてしまう。
そんな気がします。


ただ、正直なところ俺の中での3つの評価は
無罪>勝訴>加爾基
って感じです。
そーいや明日は林檎女史の新しいアルバムがでますな。
えぇ。もちろん買いで...
12 : 53 : 36 | CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Dai(Key)の偏ったCD批評 其の11
2007 / 02 / 16 ( Fri )
どうも。給料日はもうすぐです!
お元気でしょうか?daiです。
一応前回告知しましたが、予定通りコレで。
林檎の出世作のコレです!

勝訴ストリップ 勝訴ストリップ
椎名林檎 (2000/03/31)
東芝EMI

この商品の詳細を見る


デタ!勝訴ストリップ!!
これは前作と違い、聞きやすいってのではなく、
自分のやりたいことをやる。
そんな感じです。
なんでもありな感じが非常に良い!!
もちろん売れた本能やギプスといった楽曲もあるが、
月に負け犬、浴室、虚言症といった楽曲は全然雰囲気が違う。
こういうのがマタタマラナイ!!
こういうことが出来るということが椎名林檎の懐の深さじゃないか?
そんな感じがします。
それに合わせ、亀田誠治という名プロデューサーがスバラシイ。
でもね。ここで一つ言わせてもらうと、
林檎女史の楽曲。それもレコしているものにかんしては、
ホトンド割れ気味なんですよ。
波形見るとよくわかるんだけど。
狙ってやってると思うけど、それでもちゃんと聴こえる。
それがなんでか?いっつも謎です。

とりあえずこれも聞いておいて間違いないよ!
で次回はもうアレしかないね。
そゆことでまた。
23 : 34 : 03 | CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Dai(Key)の偏ったCD批評 其の10
2007 / 02 / 13 ( Tue )
どうもこんばんは。
連休中は呑みすぎました。daiです。
皆様いかがお過ごしでしょうか??

一応記念すべき10回目を迎えたので、
とりあえずチャライ感じのを...

無罪モラトリアム 無罪モラトリアム
椎名林檎 (1999/02/24)
東芝EMI

この商品の詳細を見る



泣く子もだまる椎名林檎のデビューアルバム。
コレを初めて聞いたとき、完成度の高さに度肝を抜かれた。
正しい街、丸ノ内サディスティック、茜指す、同じ夜。
そう。もうこの1枚目は本当にすごいと思う。
そこには亀田誠治という大きな存在があることを忘れてはならない。
この二人から生み出されるものは本当にすごいと思う。
確かに、この後の本能にて林檎女史はブレイクし、
一躍トップアーティストの仲間入りをするわけだが、
やはりそこにたどり着いたのは、このアルバムがあってこそ。そう思う。
とにかくひきつけられる歌詞、そして衣装。歌唱方法、楽曲。
当時のJ-Popにはいなかった存在だったと思う。
だからこそ、林檎女史がブレイクしたのだと俺は思う。
ホントにスバラシイアルバムだと。
東京事変は知ってても林檎女史のソロを知らない人は、
間違いなく聞かなくてはいけないだろう!

ってか普通に聞いたほうがいいのでゼヒ買いましょう!
とりあえずチョットシリーズで林檎で当分攻めます。
次回は勝訴ストリップで...
00 : 48 : 10 | CD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。